​「仕事辞めたくてツラい。。。」

でも大丈夫。もう1人で悩まなくてもいいんですよ。

勇気を出して、私のホームページへご訪問くださってありがとうございます。

はじめまして。カウンセラーをしております永田修也(ながたしゅうや)と申します。

今、私のサイトを見てくださっているという事は

 

「仕事をどうしようか。。。」「仕事が嫌で精神的にツラい。。」

 

という事でお悩みなのですね。

 

私はそんなお悩みの状態のあなたが、少しでも早く気持ちが軽くなるためのお手伝いをさせて頂いております。

どうやって悩みを解決していくのか?

とりあえず、今は一刻も早くその苦しい状態から抜け出したいですよね。

その解決するための方法を、皆様に実践できる形でご紹介しています。

ひとまず今抱えているその悩みを解決するためのお手伝いを、サイト上ですがお手伝いできればと思います。

​ぜひ読み進めて頂ければ幸いです。

10分でできる!​悩みをスッキリさせるための5STEP

それでは、今悩んでいる事を少し立ち止まって一緒に

整理整頓していきましょう。

STEP1

「まずはノートとペンを使って書き出してみましょう」

 

いまの状態は、「とりあえず辛くて。。」「何に悩んでいるのか分からない。。」

という気持ちで、精神的に焦っていたり、頭が混乱している状態ではありませんか?

このような場合は、ひとまず頭を整理する事が大事です。

といっても、頭で考えるのではなく、ノートにひたすら自分の思っている事、思いついた事、ツラい事などを書きなぐってみてください。書き方は自由ですし、綺麗に書く必要などありませんから

​思いついたままに苦しい気持ちをぶつけてくださいね。

STEP2

「何に悩んでいるかを明確にしていきましょう」

 

どうですか?書けましたか?

1ページで収まった方もいれば、数ページに渡って書き綴った人もいると思います。

たくさん出たから悪いとかそんなことはありませんから安心してくださいね(^^)

ここで、色んな気持ちや出来事が書いてあったり、「あの人が苦手」「あの出来事のせい」そんな思いなども出てきたのではないでしょうか?いまその目の前の紙に書いてある書きなぐられたものが、あなたの頭の中のごちゃごちゃしていたものなのです。どうでしょうか?意外と少なかったですか?多かったですか?いずれにしても、書き出すことは頭の整理整頓にはとても良い事ですのでスッキリされたのではないかと思います。

そして、その中の一番気になる部分。悩んでいるポイントが何なのか?「コレだ!これに悩まされているんだ!」というものをピックアップして決めてください。

STEP3

「悩みが特定出来たら掘り下げてみましょう」

 

あなたが悩まされている「悩み」を決める事ができたら、自分の困っているその悩みをもう少し掘り下げてみましょう。その出来事は、誰が関わって、どんな場所で、どんなシチュエーションで、何故そのようになったのか。できるだけ具体的に書いてみてください。そうする事で、その時の情景や自分がなぜそう思ったかも再現して考える事ができます。「考える事自体がツラい。。」と思われる方は、少しづつでも良いので焦らずじっくり考えてみてくださいね。

STEP4

「その悩みに潜んでいる感情はどんなものですか?」

 

具体的に書き出すことができましたか?ちょっと長いですがもう少しお付き合いくださいね。

その現れた悩みの出来事に対して思う感情としてはどういったものかを考えてみましょう。

それは「不安・恐れ・不満・怒り・悲しみ、、」など潜んでいる自分の奥にある感情とはどんなものでしょうか?

例えば、「職場の先輩の態度や指導がきつくて、ついていけない事に悩んでいる」という場合、この中に潜んでいる感情はどういったものかを考えてみると、「恐怖・不満・焦り」みたいものがあるのかもしれません。このように、いまあなたはどんな感情に支配されているのでしょうか?

そこに焦点を当てて考えてみましょう。

STEP5

「自分の気持ちが分かってきたら

どうすればよいか考えてみましょう」

 

どんな感情が潜んでいるか分かりましたか?

その次は、「どうしてそのような感情になるのか?」を考えていきましょう。上の例を考えてみると「恐怖・不満・焦り」のような感情ですが、何故かを考えてみると「早く言われたことをその通りにやらないと叱られる」という事が嫌であることに気付きます。では、なぜ叱られる事が嫌なのか?と考えると「叱られることで、完璧にこなそうとしてた自分のプライドが傷つく」という事が見えてきます。さらに掘り下げて何故自分のプライドを傷つけられたくないのか?を考えると「今まで失敗してこなかったし、褒められる事の方が多く経験してきたし、褒められたい」という気持ちに気づくことができます。

恐れていた感情から、本当は「失敗したくない・本当は褒められたい」という気持ちが潜んでいたようです。

このように、自分でも気づかなかった本当の気持ちに気づくことができたら、考え方を改めてみたり、行動を少し変えてみたりと改善や実践していく事が可能で対策を打つことができます。

ここまでできたのならば、やる前とは少し違った自分に気づけたのではないでしょうか?

ですから、ご自身の悩みに対して「真の姿」が見えてきたならば、向き合って、どうしたら良いか考えてあげてくださいね(^^)

実は、この5ステップが「カウンセリング」なんです!

5ステップでセルフカウンセリングはどうでしたか?

・ちょっとスッキリした

・意外と自分では知らなかった感情に気づけた。

・結局よくわからないままだった。。。

​それぞれ皆さん色んな思いがあるかと思います(^^

実はこの順序で行うのがカウンセリングなんです。

「カウンセリングって名前は聞くけど実際は何なのかよくわからない」

というお声を頂く事もしばしばなのですが、その実態は受けたことがある方しかわからないですよね。

私も勉強をするまでは知りませんでしたし、カウンセリングの世界に入ってみて気づいた事もたくさんありました。

人間悩み事ってどうしても1人で考えてしまいますし、他人には話したくないって思うんですよね。

そんな時

自分でセルフカウンセリングしてみる事も有効なんですが

やはり、「誰かに相談する事」がとても大事なのです。

1人で考えてみても、結局それが正しい事かどうか、良い選択なのかどうかわからない事は経験ありませんか?

身近な友人や家族に話してみる事も良いですし、「そばにいる人にきいてもらう事」が何よりの薬なんです。

カウンセラーはまさに、「寄り添いながら聞く専門家」といった所でしょうか。

ただの愚痴聞き役なのではなく、困っているクライエントさまの悩みが解決し、良き方向へ向かうお手伝いをする

スペシャリストなのです。

ですから、カウンセリング自体が初めてでも、何も不安になる必要はありません(笑)

叱ることをしたり、こうしなさい、ああしなさい、などいう事がカウンセラーではありませんし、仮にそのようなカウンセラーさんはいらっしゃるかもしれませんが、私はしないようにしております。

ですので、困っている場合はぜひ安心して気軽にお声かけ下さいね。

無料メール相談も常に受け付けております。

​1人で悩まず、まずは気兼ねなくご相談ください(^^)/

電話でのお問い合わせはコチラ

メールでのお問合わせはコチラ

どんな悩みでも構いません。お気軽に問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。

カウンセラー永田が24時間以内に直接お返事致します。

​あなたからのお問い合わせ心よりお待ちしております。

​※頂いたメールアドレスは自動的にメールマガジンへご登録させて頂きます。

​【無料ブログ】仕事で悩んでいる人の為の「とりあえず少し休憩しない?」ブログ

悩むより、まずはお気軽にご相談ください。

永田キャリアコンサルタント事務所

愛知県名古屋市西区上名古屋一丁目

地下鉄鶴舞線

浄心駅 徒歩10

営業時間

休診日

9:00~21:00

日曜、祝日

電話をかける

052-325-5233

​メールで問い合わせ

​conquest.shuya@outlook.jp

こんな症状の方が来院されています。

​仕事を辞めたい、会社に行きたくない、人間関係が改善されない、仕事が楽しくない、今後の人生目標がわからない。

復職希望の方、ひきこもり・ニート、休職中の方など

こんな地域の方が来院されています。

名古屋市内全域、愛知県内各市、岐阜県内、三重県内、

「Skype・電話カウンセリング」

北海道、福岡県、大分県、鹿児島県、東京都、埼玉県、大阪府

​静岡県、高知県、鳥取県、富山県等

意欲が沸かない、精神疾患、退職、人間不信、上司部下の悩み、うつ

Nagata psychological counseling room 【代表者名】永田修也

【営業エリア】名古屋西区、北区、千種区、中村区、中区、南区、中川区、港区、守山区、天白区、緑区

瑞穂区、春日井市、小牧市、一宮市、豊山町、北名古屋市、三好市、豊田市、岡崎市、豊橋市、その他愛知県内各市

東海三県エリア

【営業時間】9:00~21:00  【定休日】日曜・祝日

​【住所】名古屋市西区上名古屋一丁目14 【℡】090-4219-5469

© 2016 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなどすべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。